INVESTOR RELATIONS

IR情報開示方針

基本方針

当社は、IR活動を通じ、株主・投資家・証券アナリストなど市場の皆様へ、企業価値評価に必要な情報を適時・適切に開示いたします。また、「正確性」・「公平性」・「継続性」をもって積極的にIR活動を実践していくことで、皆様からの信頼と適切な評価を得られるよう努めてまいります。

情報開示基準

当社は、金融商品取引法等の法令および東京証券取引所が定める有価証券上場規程等に従い情報開示を行います。その他の情報についても、投資判断に影響を与える重要情報や当社に対する理解の促進に資すると考えられるものに関しては当社ウェブサイトへの掲載などを通じて公平な情報開示に努めます。

開示情報の定義

当社は、金融商品取引法、会社法、その他諸法令ならびに東京証券取引所の「有価証券上場規程」に定める会社情報の適時開示に関する規定(以下、「適時開示規則」)に従って情報開示を行います。
また、当社では適時開示規則に該当しない任意開示情報につきましても、投資家の皆様の投資判断に大きな影響を与えうる重要情報については、適切な方法によりできる限り積極的かつ公平に開示いたします。

金融商品取引法に基づく開示
 有価証券報告書、四半期報告書、臨時報告書 等

会社法に基づく開示
 招集通知、事業報告、計算書類 等

取引所の規則に基づく開示
 東京証券取引所より適時が義務づけられている決算に関する情報、
 決定事実、発生事実 等
 その他コーポレート・ガバナンス報告書 等

その他の開示情報
 決算説明資料 等

情報開示の手段

適時開示規則に該当する情報につきましては、東京証券取引所のTDnetを通じて開示し、当社ウェブサイト上にも速やかに掲載いたします。また、有価証券報告書等の開示書類は、金融庁が提供する「EDINET」を通じて公表します。その他情報についても、適時開示の趣旨を踏まえて、公平かつ迅速に開示します。

沈黙期間

当社は、決算(四半期決算含む)情報の漏洩を防ぎ、公平性を確保するため、決算発表日前の一定期間(決算期日翌日から決算発表日まで)を沈黙期間としております。この期間は、決算・業績見通しに関する質問への回答やコメントを差し控えることとしております。ただし、この沈黙期間中に業績予想を大きく外れる見込みが出てきた場合には、開示規則に従い適宜公表することとしております。

スポークスパーソン

当社は、情報の正確性および開示の公平性の確保の観点から、代表取締役社長、IR・広報部長をスポークス・パーソンとしております。

開示体制図

IRに関する活動状況

機関投資家との個別面談 86回
スモールミーティング 2回
決算説明会 2回(動画配信)
個人投資家向け会社説明会 0回
海外IR 0回
IRに関する部署(担当者)の設置 あり(IR・広報部)