SUSTAINABILITY

サステナブルな取り組み

考え方

コメ兵ホールディングスグループにとって、サステナビリティとはビジネスモデルそのものです。
今なお大量の商品が作り続けられ、消費され、廃棄され続けており、それにより世界各地で様々な環境破壊が起こっています。
「つくる責任 つかう責任」は現代の消費社会において、必ず解決しなくてはいけない大きな課題であり、
その解決そのものをビジネスとしているのが当社グループです。
私たちはビジネスを通じて「持続可能なバリューチェーン」を構築すべく、様々な取り組みを進めております。
できるだけ長く、たくさんのモノの価値が循環する社会を、生活者と共創していくことを目指しています。

取り組み

  • プロフェッショナルの育成

    グループ会社のスタッフは、商品知識、目利き、接客、メンテナンスなど、様々な得意分野に精通し、想いを込めて取り扱うプロフェッショナルです。
    そのため、教育体制構築、人事・評価制度の最適化、挑戦できる環境づくりを継続的に取り組み、自信と誇りをもって日々の業務に邁進できる人財を育成いたします。

  • 価値の再生

    デザインやカタチが時代と共に古くなってしまい、まだ価値があるものの、使われず眠ったままのモノが数多くあります。
    KOMEHYOでは“良質を永遠につなぐ”という想いのもと、現代のニーズに合わなくなってしまったデザインのジュエリーを再利用する「リメイクジュエリー」という取組みを2011年より実施しています。
    「リメイクジュエリー」は、KOMEHYOの目利きにより高品質な宝石を取り外し、シンプルなデザイン枠に付け替えて、シーンを選ばず使いやすい商品に再生したジュエリーです。
    当社グループは、モノ本来の価値を理解し、橋渡し役となり、良質なモノを次世代へつないでいきます。

  • リレーユースを身近に

    有限な価値あるモノを無駄にせず、次世代へつなげていくリレーユースの想いを感じていただくため「使わなくなったモノを売ること」を身近にする取組みを行なっています。
    KOMEHYOの「KAITORI GO」は、飲食店・商業施設・百貨店・オフィスなど様々な場所で開催し、お客様にとって「いつもの」「近くの」場所で安心・信頼を感じていただき、リレーユースに参画しやすい環境をつくっています。
    当社グループは、サステナブルな消費を生活者の皆様と共創していくため、今後も商業施設や公共施設などで買取イベント「KAITORI GO」を積極的に開催していきます。

  • 偽物排除

    昨今、偽物の流通量は増加傾向です。さらに、その造りは年々精巧となり、一見した程度では見極めがつかない代物も多く存在するなど社会問題となっています。
    当社グループは、職人など作り手の想いも含めた「ブランド本来の価値」を毀損する偽物を排除するため、グループ全体で徹底して取り組んでいます。
    鑑定士の教育、品質管理を含めた最大5重の商品チェック体制、オークション事業での出品前の商品チェック、フリマアプリKANTEによるCtoCプラットフォームでの鑑定など、当社グループの強みを活かした目利きのノウハウで偽物の流通を防いでいます。2020年8月には、買取りの現場に「AI真贋」を導入いたしました。AIが鑑定士の真贋判定をサポートすることで、リレーユースの実現と安心・安全なリユース市場の形勢を目指しております。

  • 障害者スポーツ支援

    愛知県を拠点とする車いすバスケットボールチーム「ワールドバスケットボールクラブ」「ブリリアントキャッツ」のスポンサーとして両チームの活動を応援しております。
    また独自の大会と従業員への体験会を開催し、車いすバスケットボールの普及に努めています。

  • 廃棄をなくす

    生活者の価値観は日々変化し続け、リユース市場は年々広がりを見せています。
    しかしその一方で、「捨てることを前提にした消費」が多いのも事実です。
    そのような状況を変えていくために、「捨てずに売る」ことを当たり前にし、リレーユースに共感していただける機会を着実に広げていくことを目指します。
    また、限りある中古品をグループ間で共有することによって、多くの方がモノと出会う場を増やし、魅力を伝え、触れる機会をご提供しています。